会議におけるマル秘テクニック

「会議」と聞くとモチベーションが下がる。
さらに、発言するとなると不安になるという人もいる。
話し上手、下手というのはもちろんあるが、会議にはコツがある。

・話し始めは軽く手を叩く

・発言中は周囲を人間のしぐさに注意を払う

・体験談を交えて話す

続きを読む "会議におけるマル秘テクニック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢い仕事の仕方 ~メール編

パソコン、携帯電話と今や誰もがメールを活用する時代ですが、皆さんどのようにメールを受信されていますか?

受信トレイ、受信箱にきたメールを読んでそのまま放置。
あるいは自動仕分け機能を使って各フォルダに飛ばしている。
おそらく大半はこのスタイルではないかと思います。

未読も既読も全てのメールを受信トレイで扱うのは、例えるなら机の上で開封し読んだあともそのまま放置といった感じで当然乱雑になりオススメはしません。

また、自動仕分け機能はとても便利ではありますが、届くメールが至急の用件なのかそうでないのか確認しないといけないので当然新着があったフォルダのメールをチェックすることになる。 しかし、ここで問題が発生することがあります。 たいして急ぎでもなかった場合に「後で処理しよう」とすると一度読んだため"既読"となりそのまま忘れてしまうことはないだろうか?

続きを読む "賢い仕事の仕方 ~メール編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジニアの苦悩

ごろーさんのブログで「道を見失った。」を読んでふと思った。

とても私と似ていること。

エンジニア人間は「モノづくり」が好きなんだと思う。
そして、好奇心旺盛であり刺激を好む。

それが、プログラムにしろネットワークにしろシステムにしろ何かしら構築出来る喜びがそこにはある。

だが、年月が経てばそれなりの役職にもつくしいつしか管理する側に立たなければならない。 また、管理職は基本「モノづくり」を部下へ渡さなければならない。

例えるなら大好きなオモチャを取り上げられる気分だろうかw

ま、どこの世界もこうやって知識、技術の継承を行っていくのだろうけど、人によってはこの時自分の行き先を見失うことがあるのだと思う。 少なくとも私がそうだった。

続きを読む "エンジニアの苦悩"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

茨城国保連10億円横領事件の責任とは

もはや知らない人はいないであろう茨城国保連の職員による10億円横領事件だが、その損失補填に注目が集まる。

同連合会の見解では職員全員の給与および退職金から捻出するというものだが、ひとこと言いたい。

職員全員?
この言葉こそが幹部連中あるいはこの組織のぬるい体質を物語っているように思う。 普通部下の過ちは誰が責任を負うのか? その上司、幹部、さらには会社のトップである。 それをまったくわかっていないことは記者会見を見てもわかる。 全くの他人事のような発言、そして駄目押しが「彼を信頼しきっていたので私たちは知りませんでした」となにか被害者のような口ぶり。

気づかなかったのは組織の管理体制に問題があり、上司や幹部連中の職務怠慢である。 それを、関係の無い職員にまで負担させようとするなんて、話になりません。

続きを読む "茨城国保連10億円横領事件の責任とは"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

'CHANGE' is 'CHANCE'

卒業、就職、異動など4月になって環境が変わった人も多くいるであろう。

CHANGE(= 変化)するということは新しいことの始まりである。

しかし、それゆえの不安もある。

「変わる」、「変える」というのは「うまくいかなかったらどうしよう..」と、なにかとマイナス思考に陥りがちでもある。 職場、学校などでの人間関係もしかり。

しかし、そのマイナス思考を取っ払うとどうなるだろう?



「CHANGE」の"G"から"- (マイナス)"をとる...

そう、 CHANCE(= チャンス)になるのである!




「変化」は決して怖いことではない。

むしろ何かを新しいことを得る「チャンス」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿~アルプス技研が評価される理由

今夜(14日)の「カンブリア宮殿」見ましたか?

~ 企業は"人"なり ~

これは人材派遣会社であるアルプス技研の創業者"松井利夫"氏の言葉ですが、社員の技術の高さはもちろんのこと挨拶やマナーなど高い人間性も評価されているアルプス技研。 そんなアルプス技研の驚きの社員教育システムが番組で明らかになりました。

続きを読む "カンブリア宮殿~アルプス技研が評価される理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「IT」は何の略か知っていますか?

「IT時代」「IT業界」など「IT」という言葉が頻繁に使われる昨今ですが、この「IT」は何の略か知っていますか?



答えは「Information Technology(インフォメーション テクノロジー)」

日本語で言えば「情報技術」ということですが、たまに「Internet Technology(インターネット テクノロジー」のことと思ってる人を見かけますw

現代社会は「IT」無しでは語れない時代となっていますが、まさかエンジニア職で知らない人はいませんよね?ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「挨拶力」と「しつけ」

4月から新入社員として社会にでていった人も多くいることでしょう。

そんな"新人"に先輩社員達が求めるもののトップが「挨拶力」だそうです。

「どんなに仕事ができても、挨拶ができなければ話にならない」という理由だそうで、たしかにその通りだとは思うが..うーん、なんだか腑に落ちない。

「挨拶」なんて小学校や家庭で覚えるもんじゃないの? それが出来てない時代だから求めるランクのトップに上がってくるのか。 だとしたら、いったい親や学校は何を教えてきたのか..

続きを読む "「挨拶力」と「しつけ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)