話題の曲「ぷれぜんと」

福岡北部の都市、北九州出身のデュオ「エイジとロンデ」が歌う「ぷれぜんと」という曲が卒園ソングとして話題になっています。

とある保育園の園長さんから、"卒園式に先生方の思いを綴った歌を唄いたい"という依頼があり作られたそうですが、それを聞いた先生方は「こんなに私たちの気持ちを表現してくれた歌はいままでになかった!」と涙で歌えなくなるほど感激し、お父さん、お母さん達からも称賛の声をいただいたとのこと。

さらに、母親たちからのリクエストにより後から追加された「無償の愛」という曲がカップリング収録されていますが、こちらも"希台の名曲"とやはり称賛の声は絶えません。

2008年卒園時には、東京や北九州を中心に全国で400以上の保育施設に無料配布されているそうですが、残念ながら一般CD販売はされておりません。

しかし、公式サイトからは歌詞の閲覧や視聴も行えますので、保育園に限らず小学校、中学校の先生方や子育てされている親御さんには是非とも聞いてもらいたい曲です。

公式ページ http://www.artecia.net/eiji_ronde.html

また、下記サイトからは楽譜も閲覧出来るようなので参考までに掲載しておきます。

http://www.artecia.net/eiji_ronde_present.html



ところで、なぜこれらの曲が多くの先生方、親御さんに支持されているのか?

先日の茨城県土浦市で起きた8人が殺傷された事件でもクローズアップされていますが、希薄な親子関係、また学校では先生と生徒の信頼関係、さらには親と先生の信頼関係など、子育て、教育という環境が非常に問題視されている昨今、私たちは忘れかけていた何かを思い出そうと、これらの曲に救いを求めているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)