秋葉原通り魔事件

...またも「誰でも良かった」という言葉。

そして、お決まりの精神鑑定から心神喪失などの争点で裁判が進められるのだろうが、個人的には「死刑」以外はありえない。 しかし、その「死刑」をもってしても被害者遺族の方はやりきれないだろうし、どんな結果をもってしてもこうした事件で救われるものは何もないと思う。

また、国会ではナイフの所持規制を強化するような話も出ているが、全く無駄なことである。 現時点ですでに厳しい規制がされている銃でさえ普通に暴力団関係者が所持していたり、発砲事件も後を絶たない。

さらに言えばナイフや包丁は基本的には生活用具でありそれを取り締まることは出来ない。 外に持ち出した時点でその対象とした場合でも外見から判断することは難しい。

本当に考えなければならないのは人の痛み、苦しみがわからない人間が増えているということではないだろうか。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

飛行機は苦手である

明日は所用で東京に行きます。

当然、飛行機で行くのだが実は飛行機は苦手なんです。

狭い室内に人でごったがえす。

おまけに離陸時はジェットコースターのような感覚というか...

とにかく苦手である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビライフの変化

先日、大型液晶テレビを買って以来それまでとテレビライフが変わってしまった。

録画機器を持っていなかったこれまでは見る番組もある程度厳選していたというか「これは」と思う番組しか見なかった。

しかし、「録画」の生活が始まってからはあれもこれもととにかく興味があるのはひたすら録画しまくるようになってしまった。

次から次へと消化しているうちはまだいいのだが、これが溜まってしまうとちょっとうざく感じてしまうから不思議だw

もっとも、録画での視聴はCMや不要なコーナーはどんどんスキップ出来るから、普通に見るよりも効率的だと思う。

ちなみに、BS/CSのアンテナをつけてないから今はまだ衛星放送は見れないが、もしアンテナをつけるとさらに視聴対象が増える。 普通は嬉しいはずだがその反面なぜか怖さもあったりするww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後部座席シートベルト着用義務化

道交法改正により6月1日から後部座席のシートベルト着用が義務化されます。

義務化への理由は「事故の際、後部座席も危険だから」ということらしいが、私から言わせれば「そんなの車が走り始めた時からわかってることじゃないの?」と思う。

ま、チャイルドシート義務化など事故による死亡率を少しでも下げようという考えなんだろうけど、現実問題いろいろ懸念する点もある。

続きを読む "後部座席シートベルト着用義務化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員制度と終身刑

裁判員制度を1年後に控える中で「終身刑」への論議が高まっている。

実際に私たちが裁判員となった際、量刑まで決めることになるのだが極刑である「死刑」を宣告するのはやはり気が重いという人も多い。 しかし、その次にくる「無期懲役」だと早ければ10~20年で社会に復帰するということでそのギャップが大きく遺族感情からしても納得がいくものではないだろう。

よって、その中間に位置する「終身刑」を新たに設けようというものだが、ここで問題になるのが仮出獄を認める「終身刑」では無期懲役に近く意味が無いということ。 いわゆる「絶対的終身刑」を求める声がある。

しかし、この場合犯罪を犯した人間は獄中で何の希望も無くただ死ぬために生きているという状態になり、人格破壊を起こすだろうと言われている。 もちろん、それだけの罪を犯した結果なんだからそれも仕方が無いという意見もあるだろうが、収容施設の問題、人権的問題など様々な理由で諸外国でもこの「絶対的終身刑」は採用されていないらしい。

まだまだ多くの問題点を抱える「裁判員制度」だが、私たちが実際に召集され被告もしくはその家族、そして被害者およびその家族を目の前にしてどういった判断が出来るだろうか..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の目をだます錯覚広告

「だまし絵」ってありますよね?

それで広告を作ったらどうなるか?

そういった広告を特集した面白サイトを見つけたのでどうぞ。

http://web-marketing.zako.org/favolite-movie/optical-illusion/deceiving-billboard-ads-0805.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスターハズバンド

学校現場での「モンスターペアレント」につづき、今度は産婦人科で「モンスターハズバンド」というものがでてきた。

妊婦である妻への診察を「セクハラ」ち訴え男性医師を拒んだり、陣痛時の妻を見て「こんなに痛がっているのに、何もしてやれないのか」と苦情を言ってみたり、挙句の果てに要望が聞き入れられないとなると壁を叩くなどの威嚇行為に加え、「ネットやマスコミで病院の悪評を流す」と脅すなど、もはや脅迫以外の何者でもない行為をさも当たり前かのごとくしてくるそうです。 他にも「失業中でお金はないが、病院は妊婦を診るのが当然」と主張する勘違い野郎もいるとか。

モラルの無い人間、お金を払えば何でもしてくれると勘違いしている人間、我が身かわいさの過剰な権利を主張する人間、とにかくアホな人間が多い世の中。

そして、このアホな人間が親となり子供を育てているのです。

「子は親の背中を見て育つ」

アホな親からはやはりアホな子供が育つわけで、育てられた子供にしてみれば親の行動を「当たり前」と認識して生きていく中で、平気で他人を攻撃してみたり果ては邪魔なものは排除していくという考えに行き着く思考になってしまうのでしょう。

学校の給食費や学費未払い問題もしかりだが、こういうアホな親は有無を言わさず名前を公表し己の恥ずかしい行動を世間に知らしめてやるのが一番だと思う。

もっとも、それはそれで「個人情報の保護違反だ」とか言ってくるんでしょうけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他人を思うとはどういうことか?

Yahooニュースでのこと。

再起をはかる加護亜依が先日復帰会見を行ったが、その姿勢に対して和田アキ子が苦言を呈した。

まあ、和田氏の言ってることは至極まともなことなんだけど、そのニュースのコメント欄には逆に和田氏を非難する発言が相次いでいた。

「人のことを言えた義理か?」とか「あんたの方が生意気!」などの内容だったが、これに対して思う。

続きを読む "他人を思うとはどういうことか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型液晶テレビ買いました!

ついに購入しました!

買ったのは東芝「REGZA 37Z3500」という37インチの液晶テレビですが、東芝がちょうど新機種発売したばかりでいわゆる型落ちとなった機種ですが、機能/性能ともに不満は無く買って良かったと思える製品です。

今回の購入にあたりいろいろ調べましたが、液晶テレビはシャープの「AQUOS」がやはり群を抜いて人気がありますね。 もちろん良い製品であることには変わりは無いのですが、どうしてもブランドが先行してしまう嫌いがあります。

実際は東芝など他メーカーも同等あるいはそれ以上の技術があり、今回の東芝REGZAも玄人には抜群の評価を得ているようです。

続きを読む "大型液晶テレビ買いました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型液晶テレビ調査隊

先日の8万円を切る40インチ液晶テレビですが、アフターサポートが全く期待出来ないのと機能面で見ても少し物足りないところがあったので、結局やめました。

しかし、一度大画面の」魅力に取り付かれてしまうとダメですね。
もう買わずにはいられなくなりますw
で、PCモニタ兼用などいろいろ調べた結果、東芝の37インチあたりがいいんじゃないかと思案しています。

価格的には先日の激安に比べれば倍近くするのですが、それでも安い買い物じゃないだけに納得して買いたいという思いがあるので、昨夜から通販や近隣の量販店を巡るなど価格調査&交渉に奔走しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)