« エンジニアの苦悩 | トップページ | Gackt(ガクト)の声で歌をつくる »

白鳥大量虐殺事件

茨城県水戸市でおきた白鳥および黒鳥の大量虐殺事件は市内に住む男子中学生2人の犯行であるとのこと。

「楽しいからやった」
「ゲーム感覚でやった」

2人はこう話しているそうですが、またしても出てきた「ゲーム感覚」という言葉。

そして、親はいったい何を教えてきたのか?

「棒で殴られたら痛い」ということを知らないのか、それとも「動物は殺しても問題ない」とでも思っているのか、いずれにしても人間として最低であり、こういう輩が昨今多く発生している無差別殺人を起こすのではないだろうか。

ところで、この中学生2人はどういった処罰が与えられるのだろう?
まさか口頭での注意のみなんてことは無いですよね?



全国に飛び火しているチューリップなど花壇を荒らしている輩、パンに針を入れている輩も同じく捕まったら「なんとなく」とか「世間が騒ぐのが楽しい」とかそんな言葉が出てくるんでしょうね。

|

« エンジニアの苦悩 | トップページ | Gackt(ガクト)の声で歌をつくる »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥大量虐殺事件:

« エンジニアの苦悩 | トップページ | Gackt(ガクト)の声で歌をつくる »